docomo X AMITA 未来の種プロジェクト ~南三陸町 森・里・海 ものがたり~

未来の種レポート

  1. TOP > 
  2. 未来の種レポート

未来の種プロジェクトメンバーが、被災地である「南三陸町の今」を等身大でレポート。南三陸町の四季の風景や暮らし、あたたかい人と人のつながりはもちろん、里からは「ササニシキ」「トウキ」、森からは「間伐や森の様子」をレポートします。
また、本レポートを見た方々が南三陸町へ興味をもったり足を運んでくれることに期待するとともに、現地の豊かな自然や農産物など、もっと多くの人に南三陸町の今の様子を見て知っていただきたいと思います。

活動フォトアルバム 日々の活動、復興の様子などを見ることができます。

未来の種プロジェクトレポート 一覧

「阿部さんと仲間たちのCSA」 4月の様子をお届けいたします♪

「阿部さんと仲間たちのCSA」を開始して2か月が経過しました。4月の様子をまとめてお届けいたします。南三陸のいまを感じてくださいね。

続きを読む

「阿部さんと仲間たちのCSA」 4月の様子をお届けいたします♪

森林保全クレジット付リングストラップのできるまで

続きを読む

森林保全クレジット付リングストラップのできるまで

Vol.17:南三陸町 森林保全クレジット贈呈式

2014年8月1日、ドコモは東日本大震災の被災地への復興支援活動と森林保全活動の一環で「フォレストック認定制度」を通じて、「南三陸町CO2吸収量クレジット」を、...

続きを読む

Vol.17:南三陸町 森林保全クレジット贈呈式

Vol.16:森林保全クレジットと新しい町づくりの一歩

南三陸町の水産業は、2013年度に震災前と同じ18億円の水揚げ高を達成!! 復興の旗印となる水産業が復活してきていることは、南三陸町としてとても励みになってい...

続きを読む

Vol.16:森林保全クレジットと新しい町づくりの一歩

Vol.15:森を知ることの大切さ

日本の森林の現状や課題がある中で、森の環境や役割を知ることで、森の視点から環境の大切さについて、株式会社アミタ持続可能経済研究所の汐見さんに伺いました。

続きを読む

Vol.15:森を知ることの大切さ

Vol.14:南三陸産「森里海ササニシキ」2年目の収穫!

昨今のコメの作付面積ランキングでもベスト5には「ひとめぼれ」や「コシヒカリ」「ヒノヒカリ」等が並び、お馴染みの「ササニシキ」の名前が出ない状況になっています。

続きを読む

Vol.14:南三陸産「森里海ササニシキ」2年目の収穫!

現地レポーター紹介

未来の種プロジェクトレポート

パピーとパク

南三陸町の「今」をお伝えするため現地の様子やプロジェクトの活動など、サポートスタッフが感じた生の声などをレポートして います。

本多 清の南三陸町ものがたり

アミタ持続可能経済研究所 本多 清

環境ジャーナリストを経て2005年よりアミタ持続可能経済研究所 主任研究員に。
趣味はアウトドア全般や料理など。性格は、のめり込みタイプ。

電子書籍『未来をつなぐ人間物語』

『未来をつなぐ人間物語- 渡されたバトンの重み-』 (2013年3月11日 本多清著 株式会社アミタ 持続可能経済研究所発行) 宮城県・南三陸町を舞台に、 地元の人々の体験・想い・行動と、アミタグループが参画する復興事業の歩みを通じ、東日本大震災後における人と社会のあり方を問うルポルタージュです。

電子書籍『未来をつなぐ人間物語』