docomo X AMITA 未来の種プロジェクト ~南三陸町 森・里・海 ものがたり~

No.05 イチョウウキゴケ

No.05 イチョウウキゴケ

「未来の種プロジェクト」の無農薬のササニシキの田んぼで春先にポカリと浮いて姿を現した小さな浮き草。浮き草の多くはシダの仲間なのですが、このイチョウウキゴケは名前のとおりコケの仲間で、イチョウの葉のような形が特長です。

じつは宮城県がレッドデータブックで「最も絶滅の危険性が高いランク」の絶滅危惧Ⅰ類に指定しているほどの希少な植物なのです(環境省は準絶滅危惧種に指定)。昔は全国の田んぼでごく普通に見られたのですが、除草剤にとても弱いので農薬の普及と共に姿を消していってしまいました。

珍しさから都会のアクアショップなどでは観賞用水草として1枚500円の値で売られていることもあります。それを聞いた阿部さんが思わず「コメ作るよりもこっち売ったほうが儲かるんじゃなかっぺか?」とつぶやいていたことはここだけの話にしておきましょうね。